【スフィアライト】 ヘッドライトをLEDに交換するとどうなる?

スフィアライト LED

昔を振り返ると、車など乗り物に使用されていたランプはハロゲンが主流でした。

LEDも存在はしていましたがオプションなどで高価なことが多く、なかなか手が出せない人が多かったようです。

しかし現在の技術の進歩により普及率があがり、標準装備として装備しているものも多いのです。それだけでなく、高品質でありながら安価で販売が可能になったことから付替え部品も存在しており、車に対するこだわりを持っている人に重宝しています。

ここでは、ヘッドライトをLEDに交換するとどうなるか ご紹介します!

スポンサーリンク

ヘッドライトをLEDに交換するとどうなる?

スフィアライト LED

実際にヘッドライトをLEDに交換すると その光が届く範囲に驚かされる人が多いようでした。

LEDは独自の波長を持つことで少ない光で広範囲に光が届くのです。

しかしこの場合、対向車が眩しく感じてパッシングを心配してしまいがちですが、実はLEDは比較的少ない発熱で光を発するので、想像より眩しくはないのです。

ヘッドライト用LEDバルブの賢い選び方3点

ヘッドライト用LEDバルブ

自分の愛車のヘッドライトを交換する際に迷うのが、ハロゲンランプからLEDヘッドランプに交換する場合です。

以前のLEDヘッドライトは、カットラインが出ずに光が散ってしまったり、正面は明るいが光軸からずれると暗くなってしまう傾向がありました。

LEDヘッドライトを購入する際には、どの様な点に気をつけた方がいいのかを紹介しましょう。

1.熱対策されたバルブを選ぶ

LEDで熱対策?と思われるかもしれませんが、発光するLEDは発熱量は少ないのですが、基盤部分がどうしても、長時間発光すると熱を帯びてしまう為に、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

その為バルブの背面にファンやヒートシンクなどを装備している冷却性の高い物を選ぶ事が重要なポイントになります。

2.LEDチップのメーカー

LEDチップのトップメーカーのCREE社の物は、かなり光の明るさに対しての他のメーカーの先駆者的な会社です。

このメーカーのLEDチップが搭載されている物については、HIDヘッドランプよりも明るいと言う製品も存在しています。

確実にLEDヘッドライトの明るさを求めるのであれば、CREE社のチップが搭載している、製品を選択する事が、明るさに対する重要なポイントです。

3.チップは数ではなく配列

LEDヘッドライトを購入される方の中で、チップの数が多いほど明るいと思っている方もいるでしょう。しかし、実際にはカットラインが出ない状態になってしまう為に、車検をパスできない物もあります。

ちゃんとLEDチップの配列を考えて設計されている物であれば、数は少なくても充分に明るく、カットラインもでます。配列を考えて設計されている物を選ぶのがいいでしょう。

スポンサーリンク

スフィアライトのLEDについて

スフィアライト LED

HIDキット販売のスフィアライトは、「永久保証」「取付サポート」「即日配送」で顧客満足度No.1宣言をしている通販サイトです。

スフィアライトのLEDは、「HIDを超えた」と言われており、20Wの消費電力でありながら車検対応の光量を照射することができます!

軽自動車や低年式車でもトラブルの心配がないので、高評価を得ています。

LEDのライトについて

スフィアライト LED

ハロゲンとLEDの目に見えてわかる大きな違いはランプの色でしょう。

ハロゲンはオレンジかかった色をしていますが、LEDは青白い色をしているのです。

またLEDは前述した通り 低パワーですから車に対する負担も比較的少なく、場合によっては燃費を安くする効果があるかもしれないということでした。

興味のある方は、ぜひ 【スフィアライトのLED】を試してみてくださいね!

HID専門通販 『スフィアライト』

スフィアライト
⇒業界初 返金保証のあるHID・LED通販サイト

安心してお試しでHID/LEDライトが購入できる!

最大83%OFF!人気のライトが驚きの価格!!
・土日もOK!15時までに注文なら即日出荷
・初心者でも動画初心者でも動画をみながら簡単取り付け可能
・アフターフォロー&保証もガッチリで安心 


>>スフィアライト 詳しくはコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする